smart smart smart

S M A R T C I T Y T A K E S H I B A

SCROLL
DOWN
O V E R V I E W
「スマートシティ竹芝」が目指すこと
「スマートシティ竹芝」が目指すこと
「スマートシティ竹芝」が目指すこと

「スマートシティ竹芝」が
目指すこと

竹芝地区では、2019年7月から東急不動産(株)とソフトバンク(株)が共創で最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティのモデルケースの構築に取り組んでおり、これらの延長として「Smart City Takeshiba」を推進することになりました。竹芝地区において収集した人流データや訪問者の属性データ、道路状況、交通状況、水位などのデータをリアルタイムでさまざまな事業者が活用できるデータ流通プラットフォームや、先端技術を活用したサービスなどを竹芝地区に実装することで、回遊性の向上や混雑の緩和、防災の強化などを実現し、竹芝および周辺地区の課題を解決することを目指します。

竹芝地区における
スマートシティの取り組み

スマート東京とは スマート東京とは
スマート東京とは スマート東京とは

スマート東京とは Smart TOKYO

東京都では、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の実現に向け、先端技術等を活用した分野横断的なサービスの都市実装を目指しています。都内のデータや先端技術が集積するエリアにおいて、地域に密着したリアルタイムデータ・AI等を活用した複数分野のサービス展開のモデルを推進を加速化するための先行実施エリアとして2020年7月に「竹芝エリア」、「大丸有エリア」、「豊洲エリア」の3エリアが採択されています。

スマート東京

a b o u t A R E A

about AREA

竹芝エリアは地域関係者と行政関係者からなる協議会と、事業運営会社の両輪による事業推進体制で、従来のエリアマネジメント組織にはない、新しい公民協働の形を目指しています。定期清掃や公共空間を活用したイベントの開催など、竹芝エリアの魅力を向上させる取り組みを行っております。

⽵芝エリアマネジメント

a b o u t
B U I L D I N G   &
F A C I L I T Y

about BUILDING & FACILITY

東京ポートシティ竹芝は40階建てのオフィスタワーと18階建てのレジデンスタワーで構成される新たな国際ビジネス拠点の創出を目的とした大型開発プロジェクトです。官民合築により、オフィス、店舗、展示室・ホール、スタジオなどの多様な施設を備えております。また、館内に約1,000台以上のセンサー(2021年4月1日時点)、カメラを設置し、混雑状況や不審者検知などのリアルタイムデータを活用したスマートビルディングとなっています。

TOKYO PORTCITY TAKESHIBA

a b o u t
T E C H N O L O G Y

about TECHNOLOGY

「驚きと感動のある街を、ここから。」
東急不動産とソフトバンクは、スマートシティの国家戦略特区である竹芝エリアで、都市型スマートシティのモデルケースの構築に取り組んでいます。ビルソリューションから街のソリューションまで、進化し続ける街・竹芝で追加されているテクノロジーの活用事例をご紹介しています。

Smart City Takeshiba

A C T I V I T I E S

自律走行型配送ロボット「RICE」でセブン‐イレブンの商品を屋内で配送する実証実験

自律走行型配送ロボット「RICE」でセブン‐イレブンの商品を屋内で配送する実証実験

セブン‐イレブン店舗から同じフロアの指定された場所まで配送する「RICE」がエレベーターと連動することで大きく進化しました。

詳しく見る
東京・竹芝エリアでの新たなモビリティサービスの実装に向けた実証実験の実施

東京・竹芝エリアでの新たなモビリティサービスの実装に向けた実証実験の実施

竹芝エリア内では交通結節点であるJR浜松町駅とゆりかもめ竹芝駅、竹芝ふ頭などを結ぶ公共交通が不足しているという課題を解決する交通手段の実証実験を2019年度に行いました。

詳しく見る
浜松町・竹芝・芝浦エリアが東京都より「東京ビジネスイベンツ先進エリア」に指定

浜松町・竹芝・芝浦エリアが東京都より「東京ビジネスイベンツ先進エリア」に指定

エリア内に集積するMICE 関連施設や寺社や文化財庭園、舟運等の地域資源を活用・連携させることで単独施設では受け入れきれない大型会議やイベントの誘致を可能にする「都心型エリアMICE」に取り組みます。

詳しく見る
「東京ロボットコレクション」のフィールドとして採択、ロボットの実証実験を実施

「東京ロボットコレクション」のフィールドとして採択、ロボットの実証実験を実施

「都市型複合施設のニューノーマル実現に向けた実証」をテーマとして、新型コロナウィルス感染症の影響により人と人の接触を減らすことが求められる中、ロボットでのコミュニケーションなどの有用性を検証しました。

詳しく見る
NEDO「自動走行ロボットを活用した配送サービスの技術開発事業」選定、実証実験開始

NEDO「自動走行ロボットを活用した配送サービスの技術開発事業」選定、実証実験開始

ソフトバンク㈱と佐川急便㈱とともに、ロボットを活用した非対面・非接触での配送サービスの実現を目指して、屋内におけるEV連携による配送と、屋外の公道における信号機連携による配送の実証実験を実施します。

詳しく見る
国土交通省より3D都市モデルを活用した民間サービス開発に向けた実証調査業務を受注

国土交通省より3D都市モデルを活用した民間サービス開発に向けた実証調査業務を受注

国土交通省主導の3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクト「PLATEAU」の一環で、竹芝エリアのバーチャル空間を制作、ファシリティマネジメントや来訪者向けルート案内など実証実験を行いました。

詳しく見る
東京都が実施する「スマート東京」の実現に向けたプロジェクトに「Smart City Takeshiba」が採択

東京都が実施する「スマート東京」の実現に向けたプロジェクトに「Smart City Takeshiba」が採択

竹芝地区(東京都港区)において共同で推進するプロジェクト「Smart City Takeshiba(スマートシティ竹芝)」が、「スマート東京」の実現に向けて東京都が公募したプロジェクトに採択されました。

詳しく見る
もっと見る